葉酸 食品

葉酸が多い食品とは?サプリではなく食べ物から摂りたい。

葉酸 食品

妊娠中には必須の栄養素と言われている葉酸は赤ちゃんの成長とお母さんの健康のために必要なもので、母子手帳にもその重要性が記載してあります。
サプリから葉酸を摂取することを推奨する医師もいますが、サプリは石油から合成されているとも言われているため、赤ちゃんのためにもできれば食品から摂取したいと思うのは当然です。
では、どのような食品に多く含まれているのでしょうか。

 

100gあたりで一番葉酸の含有量が多い食品はレバーです。
厚生労働省の指針では、妊婦の1日当たりの葉酸摂取量は400マイクログラムです。
鶏レバーは1300マイクログラム、牛レバーは1100マイクログラム、豚レバーは810マイクログラムと葉酸の量が多い食品です。
しかし、レバーの摂取しすぎはビタミンAやプリン体の過剰摂取につながる可能性が指摘されています。
野菜では枝豆やモロヘイヤ、大豆にも多く含まれています。
しかしこれらの数値はすべて生の状態での計測値になります。
葉酸は水に溶けやすい栄養素のため、煮たり焼いたりしたときにはその含有量はほぼ半分になると言われているため、含有量が多い食品を食べているからと言って安心することはできません。

 

このように毎日の食事で必要量を摂取するには大変な努力が必要となります。
できるだけ食べ物から摂取したいけど、どうしても必要量が摂取できないという場合には、合成ではなく天然成分を使用したサプリを利用することも一つの方法です。