妊活ならマカと葉酸を同時に摂りましょう

体内受精の流れ・痛み。不妊治療や妊活の悩みについて

妊活 マカ

体内受精の流れは、どのようになっているのかというと、排卵日が近くなると、病院で卵巣の状態をまず確認します。
その後、医師と排卵予定日を決め、排卵予定日もしくは前日に病院で精液を採取します。
そして排卵予定日に、洗浄された精液を子宮に流し込むのです。
それで、2週間後、生理が来るか来ないかで妊娠しているかどうかを判断するわけです。
体内受精の流れは、一見簡単なように見受けますが、痛みを伴うので、不妊治療については、妊活の悩みがつきまといます。
体内授精の際には、痛みが発生することがあります。
専用のスポイトで精液を子宮にいれるのですが、その時、異物が入ってきた感覚があります。
おなかの中で少しヒヤっとした感覚が流れるだけで終了するのですが、体内授精後、腹痛や38℃以上の熱が出ることがあります。
また、出血が止まらなかったりする場合もあります。
こうした場合は、すぐに病院に連絡して処置してもらわないといけません。
体内受精は、自然妊娠に近いものなのですが、人工的に妊娠をうながすものなので、身体に負担がかかります。
痛みが続く場合は、医師に必ず伝えるようにしないといけません。